お出かけ

ハウステンボス「変なホテル」にはロボットがたくさん!子どもも大人も大満足!

ロボットだいすき!まつりです!
長崎県佐世保市のハウステンボスにある「変なホテル」が「初めてロボットスタッフとして働いたホテル」としてギネス世界記録に認定されましたね!

www.h-n-h.jp

朝日新聞Digitalによると、「従業員」はロボットが186台に対し人間が9人とのこと。(2016年11月現在)
ほとんどがロボットだー!!すごーい!!

この変なホテル、娘はむが1歳半のときに行ってきました。
変なホテルは2015年の7月にオープンしたので、オープン後すぐに行ったことになります。

そんな変なホテル。私も夫もはむも、大大大大大満足でした。
そこでこれからハウステンボスに行くぞ!という方に魅力をお伝えしたいと思います。

変なホテルに到着!お出迎えはもちろんロボットが!

こちら、変なホテルの外観です。
f:id:matsurimama:20161118100903j:plain

あっ・・・。なんかロボットがいる・・・!笑(地味にいる!)
この子は特に動くわけでもなく。

入口のすぐ近くに駐車場があるので車で来る時も楽ちん。
ただ、ホテルオークラやホテル日航と比べると、ハウステンボス駅からは遠いです。

中に入ると~・・・

f:id:matsurimama:20161118101542j:plain

チューリーちゃ~ん!
ハウステンボスのマスコットキャラクターのチューリーちゃんがお出迎え。
ひょこひょこ動きます!可愛い!

大人サイズのチューリーちゃんです。大きい。

そしてすぐ横にはロボットクロークが。
f:id:matsurimama:20161118101739j:plain

1回500円(24時間)です。
ロッカーサイズ は、幅72cm×奥行50cm×高さ38.5cm。
機内持ち込み可能サイズの手荷物およそ1個分です。

変なホテルの受付はもちろんロボット!

ロボットクロークを過ぎると受付です。

受付はもちろんロボット!
f:id:matsurimama:20161118102055j:plain

とってもリアル~!!
はむは恐竜が怖くて泣きました。動きもリアルで怖いんです。

ロボットの前まで行って受付を済ませます。
ロボットばかりで人間スタッフが見当たりませんが、困った時には呼ぶとちゃんと来てくれます。

あんまり困ることはないんですけど。素晴らしいことに。

だって可愛いコンシェルジュもいるんですもの。
f:id:matsurimama:20161118102418j:plain

NAOくん!
でも15:00~20:00だけってキミ休憩しすぎじゃない?笑

受付横の休憩スペースも広々~。
f:id:matsurimama:20161118102650j:plain
17アイスがある!大好きだ!笑

パンやスナックもあるので、簡単な朝ごはんなら買えます。
我が家は朝ごはんをコンビニで買って持ち込みました。
近くに地産池消メニューのブッフェレストランもありますよ。
レストラン | 変なホテル

お部屋の鍵はあなたの顔!顔認証システム!

さあ、お部屋に向かいます。

お?おお!!
顔認証システムだ!!!
f:id:matsurimama:20161118103901j:plain

夫は喜んで顔を登録しておりました。
私はカードキーで入室。笑

変なホテルの部屋の中は?アメニティは?

お部屋の中はこんな感じ。
f:id:matsurimama:20161118104047j:plain

シンプル~。普通のホテルや~・・・・と思いきや?
f:id:matsurimama:20161118104121j:plain

あっ!チューリーちゃん!!
かわいい!はむは大喜び。

しかも話しかけると答えてくれます。
はむは、ずーっと話しかけていました。

1部屋に1台、コンシェルジュチューリーちゃん。

洗面所とトイレは一緒ですが、お風呂が別れています。
f:id:matsurimama:20161118104341j:plain

f:id:matsurimama:20161118104351j:plain

お風呂が深めなのが嬉しい~!
椅子もありました。いいねー。

f:id:matsurimama:20161118104836j:plain

ドライヤーはイオニティ、歯ブラシはしっかりしたもの。
ソープ類はPOLA。

ハウステンボスまでもすぐです。

新しい物好き、子連れの方にオススメです^^

ABOUT ME
まつり
まつり
4歳と1歳の姉妹のママです。 北陸出身、関東在住。システムエンジニアをやっていますが、4年も育児休暇をとっているへっぽこです。 夫も私も共に30代前半。体の衰えを感じています。 家族の笑顔が見たくて、自分の感情を必死にコントロールしています! もっと詳しく知りたい方はコチラから!
こんな記事もおすすめ