子どもとの生活

2歳児と一緒に自分の買い物を楽しむ方法

妊娠後期。早く普通の体型に戻ってファッションを楽しみたい、まつりです。

もうすぐ3歳になる娘、はむ。
どこにいってもちょろちょろちょろちょろ…。
落ち着いて買い物できません。特に自分の服なんて買いに行けない…。
…そう思っていたのですが、ある時から子連れショッピングが楽しめるようになりました。

幼児と一緒にショッピングを楽しむ方法

あくまで我が家で成功した方法ですが紹介します。

その1 どっちが似合うか子どもに尋ねる

色違いなどで服を両手に持ち、鏡の前で合わせながら尋ねるようにしました。
すると、結構本気で考えてくれるんです。

はむ
はむ
青いいよ。ママ青にあうよ。
はむ
はむ
それ変よ。おっきいよ。

など2歳児のくせに一丁前に意見してきます。
子どもも飽きないし、逃亡されることもなく平和です。

その2 一緒に試着する

最近だと、子供服と大人の服が一緒に売っているお店も増えてきましたよね。
そんなお店では、はむに好きな服を選ばせて一緒に試着します。

試着する娘
ノリノリなはむ。

試着する娘
自分大好きなはむ。

試着する娘
気分はモデル。

ちなみにこの日はむが試着した服は、本人がいたくお気に召したので買わされました。
2歳児のくせに。GUだったからいいんですけど…。可愛かったし。

我が家で実践しているのはこの2つだけなのですが、これだけでだいぶ買い物が楽しめるようになりました。
2歳児のくせに、女の子なんだなぁ…とつくづく感じます。

ちなみに、勝手に私が買ってきた服は、よっぽど気に入らないと着てくれません。
服にうるさいです。
毎日着る服は自分で選びます。
上はピンク、下は黄色、がはむの鉄則。

はむちゃんのママ、センス悪いわ〜ってきっと思われていたと思います…でも脱がせると怒るし。笑

2歳の頃からセンスを磨いていけば、おしゃれな女性になってくれるかな…と期待しています…!
もう少し大きくなったら、ホントに一緒にショッピングが楽しくなりそう。

夫は洋服に興味がないのではむの成長が楽しみです。