生活の知恵

セルフメディケーション税制と医療費控除の違い!市販薬購入額が控除の対象に。

まつりです。
2017年1月から「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」が始まりましたね。

これって、なんなんでしょうね。
ネットで調べていても、ちゃんと理解できているのか不安だったので、かかりつけ薬局の薬剤師さんに聞いてみました。

セルフメディケーション税制とは?

セルフメディケーション税制とは、特定の市販薬の購入金額が年間で12000円を超えた場合に所得控除の対象になる制度だそうです。

上限があって、88000円。

医療費控除だと、年間でかかった治療費と市販薬購入額の合計が10万を超えると控除対象になりますよね。
セルフメディケーション税制は、この医療費控除の特例、といった位置づけだそうです。

まつり
まつり
う~ん、医療費控除と具体的に何が違うの?

・・・そう感じたので聞いてみました。

セルフメディケーション税制と医療費控除の違い

医療費控除制度は、医師・歯科医師による診療費や治療費、薬などが控除の対象となります。
つまり、医師・歯科医師などの治療によって発生した費用しか控除されないんです。

セルフメディケーション税制は、医療費控除の対象をOTC医薬品(ドラッグストアなどで購入できる医薬品)の購入費用と定めています。
なので、健康に気を使っていてあまり病院に行かない人も医療費控除を使えるようになります。
目薬とか湿布薬でも控除が受けられるんですって。

詳しくはコチラ。

こんなマークがついています。
OTC医薬品

購入するときに薬剤師さんに確認すると良いですね。

どんな人が対象になるの?

対象になるのは以下の3つの条件すべてに合う人です。

  1. 特定の医薬品を12000円以上購入している
  2. 納税している
  3. 健康診断または予防接種を受けている

上記3つに該当する人は、家族の購入分もまとめて申請できます。

どうやって確定申告するの?

くわしくはこちらをどうぞ。

上記リンクにも記載がありますが、医療費控除制度と同時に利用することができないんですね。

我が家の場合、今年は出産があったので医療費控除を選択しそうですが、次年度からはセルフメディケーション税制を選択するかもしれません。

さいごに

我が家、置き薬を使っているので担当の方にこの制度が使えるのか確認しておこうと思います。
薬局での購入についても、今年は対象薬の選択が必要になってきますね。
レシートもしっかりとっておかなくちゃ。

ABOUT ME
まつり
まつり
4歳と1歳の姉妹のママです。 北陸出身、関東在住。システムエンジニアをやっていますが、4年も育児休暇をとっているへっぽこです。 夫も私も共に30代前半。体の衰えを感じています。 家族の笑顔が見たくて、自分の感情を必死にコントロールしています! もっと詳しく知りたい方はコチラから!
こんな記事もおすすめ