人づきあい

夫の実家で出されるご飯が食べきれない…というのを防ぐ方法

こんにちは。まつりです。
夫の実家に帰省すると、食べきれない量のごはんが出されます。
しかも、唐揚げとかコロッケとか、高カロリーのものが多い…。

せっかく作ってくださったものを残すのは忍びないですよね…。

そこで、「夫の実家で出されるご飯が食べきれなくてどうにかしたい…」という同志のために、その解決法を紹介します。

夫の実家で出されるご飯が食べきれない…を防ぐ方法

あらかじめ食べたいものを伝える

幸いにもわが家の場合、前もって食べたいものを聞かれます。
そこで、前回伝えたメニューは以下の通り。

  • 水炊き
  • おでん
  • なます
  • 鶏の唐揚げ
  • すきやき

夫の実家の場合、テーブルの真ん中にお鍋やおかずがどーんと置かれて、自分で好きな分だけいただきます。
なので、メニューを伝える時に『ハンバーグ』や『カレーライス』など、あらかじめ1人分ずつ配膳されてしまいそうなものは言わないようにしています。

率先して盛りつける

義母に任せると、凄い量のごはんがもられます。
お腹一杯食べさせてあげたいといった親心から、たくさん盛りつけてくださるのはすごく分かります。

ですが、半分以上残してしまったこともあるので、今は自分で盛りつけるようにしています。
台所は義母の聖地なのでなるべくお邪魔しないようにしてはいますが、それくらいお手伝いしてもいいと思っています。

自分たちの分だけよそうのは心苦しいので、まずは義両親の分からよそいます。
(…が義母は自分のものは自分でよそいたいようです。)

無理に食べすぎない

初めの頃は、もったいないし申し訳ないしで無理してご飯をたべていました。
ですが、そうすると毎度毎度食べきれない量のごはんが出されます…。

なので、箸をつける前に残すようにしました。
別皿をいただいて、あらかじめ食べきれないであろう分をよけておきます。
食べられれば食べればいいし、食べられなければラップして次の日の朝ごはんとして頂きました。

せっかく作ってもらったものを捨てるのは嫌なので。
無理に食べて、この子食べられる子!と認識されるのも困るので…。

さいごに

自分で書いていても贅沢な悩みだと思うのですが、3食お腹いっぱい食べるのって結構つらいんです。
おやつも出してくださるし…。

普段、食べたいときに食べたい量を食べているので余計にストレスになります。
ご飯を沢山食べるのが嫌だから、滞在期間を短くしたりするのも嫌だし、長いおつきあいになる相手なので不快な気持にさせたくないですし…。

同じような悩みを抱えている方、いますよね?

  1. あらかじめ食べたいものを伝える
  2. 率先して盛りつける
  3. 無理に食べすぎない

良ければこの3つを試してみてください!
帰省がもっと楽しくなりますように!

ABOUT ME
まつり
まつり
4歳と1歳の姉妹のママです。 北陸出身、関東在住。システムエンジニアをやっていますが、4年も育児休暇をとっているへっぽこです。 夫も私も共に30代前半。体の衰えを感じています。 家族の笑顔が見たくて、自分の感情を必死にコントロールしています! もっと詳しく知りたい方はコチラから!