子どもとの生活

子どもの朝の支度を劇的にスムーズにする方法(3歳児)

どうも!まつりです。

うちの3歳児はむ。
登園準備はちゃちゃっと終わらせてほしいんですけど、少しの誘惑にめっぽう弱いお子ちゃまです。
こちらは、リビングで二度寝をしようとした父親のマネをしはじめたはむの様子。
登園準備が遅い娘

直前まで「ごはんおいしいね~」って食べていたのに。
後ろでゴロンした父親を見た瞬間、無表情ではむもゴロン。

そんなはむに、

まつり
まつり
はむ~。ご飯食べて、着替えして、おかし食べて、歯磨きするんだよね~。

と口にしてからハッとしました。

こんなこと言っても、絶対覚えられないし、分かっていない。
そこで、らくがき帳にザザッと絵を描きました。

それがこちら。
朝の支度を絵にした

ほんと、ザザッとなんですけど・・・。
これを書きながら、はむに説明しました。

まつり
まつり
ごはんたべるでしょ?で、着替えて、お菓子食べて、はみがきして、絵本読んで、トイレ行って、保育園いくのね~

はむは大喜びでした。
そして、毎日「ごはん~はみがき」までに1時間以上かかっていたこの流れが・・・

なんと・・・

30分に!!!!

半分以下!!!!びっくり!!!!

しかも私一度も怒ってない!はむもとってもご機嫌!!すばらしい!!
朝のお支度問題の解決ってこんな簡単なことだったとは・・・。

飽きてきたころには絵をアンパンマンやしまじろうに変えて書きなおそうと思います。
なんなら毎日書いても良いくらい。

ちなみに上記の流れの中にある「お菓子を食べる」ですが、ボウロや小さなクッキーを4つあげています。

「今4つあるでしょ?はむが1つ食べたらいくつになる?」

と数を教えながら食べさせています。

「お父さんに1つあげたらいくつになる?」も言っていますが、あげたことはありません。笑

4つなのは、はむが「4つ食べたい」と言うからです。(何故かは不明)

これ、朝だけじゃなくて夜も使えますね。
さっそく、手洗いから就寝までの流れを書きたいと思います。