ママと子どもの病気

赤ちゃん・幼児の肛門(お尻の穴)と膣口(あそこ)の間に突起物が!見張りイボを治そう!

こんにちは。まつりです。
この記事は、娘の膣口と肛門の間にできたツノのようなもの『見張りイボ』についての記事です。

下の子さち(1歳半)の膣口と肛門の間にツノのような突起物があるのが気になり、病院へ行ってきました。
特に治療を必要とするものではなかったのですが、同じようなお子さんを持つ保護者の方の参考になればと思います。

これから紹介する例は、あくまで我が子の場合です。
自分のお子さんの症状で気になることがあれば、迷わずかかりつけ医に相談してください。

いつできた?膣口と肛門の間にできたツノのような突起物

下の子さちが生後4カ月を過ぎたころ、さちの膣口と肛門の間にツノのような突起物があるのに気がつきました。
さちは生まれたその日からお尻に痔があったので、これも痔かなあと思って過ごしていました。

まつり
まつり
もう1歳半を過ぎたのにまだツノがある…

ちょうど1歳半検診を受けなければなかったので、かかりつけ医にツノのような突起物について相談してみました。

膣口と肛門の間にできた突起物の正体は?

医者
医者
これはsentinel protuberanceだね。
まつり
まつり
せんちねる ぷろちぅべれんす…?

sentinel protuberance…それぞれを訳すと

sentinel ⇒ 見守り兵
protuberance ⇒ 突起物

かかりつけ医いわく、『うんちが膣口に入るのを防く役割をしているんだよ』だそう。
まだ、日本では正式な呼び名が付いていないそうですが、『見張りイボ』や『尖兵ポリープ』と呼ばれることが多いようです。

おまたと肛門の間のツノのような見張りイボ

女の子に多くみられて、自然に治っていくものらしいです。
膣口をうんちの最近から守っているように見えるため『見守り』『見張り』という名前が付いているそうです。

さち本人も特に痛がる様子はありません。
裸の時に気になるようで、自分でつまんだりひっぱったりしてはいますが…。

見張りイボはどうしてできるの?

医者
医者
これは便秘が原因だね。

うんちが固いとき、おしりの穴の皮膚が切れて出血します。
この傷は治りやすいけれど、繰り返し繰り返し皮膚が切れることで、どんどん裂け目が深くなり、炎症を起こします。

炎症が繰り返されることで、おしりの穴の皮膚が盛り上がって、イボのようになるそうです。
仰向けに子どもを寝かせた状態で、0時の方向にできることが多いそうです。

見張りイボは治るの?

医者
医者
手術の必要はないよ。

外科的手術をする代わりに、

  • 便秘を改善する
  • うんちをした後におしりを綺麗にする

ことが大切です。

さちはお尻にイボ痔を持って生まれてきたほど、肛門に運のない子です…。
便秘、切れ痔もしょっちゅうで、ウンチの後は必ずシャワーで流してあげています。(拭くと痛がるから)

子どもの痔は何科?

まつり
まつり
小児外科です!

さきはイボ痔の治療のため、生後2週間で小児外科へ行きました。
見張りイボがひどくなってしまって心配なかたは、小児科ではなく、小児外科へ。

私も、さちの見張りイボがひどくなるようだったら小児外科に行くつもりです。

さいごに

見張りイボを改善するためには、便通を改善する必要があります。
水分をたくさんとらせて、食生活も見直して…。
簡単ではありませんが、さちの肛門のためにもがんばります。

ABOUT ME
まつり
まつり
4歳と1歳の姉妹のママです。 北陸出身、関東在住。システムエンジニアをやっていますが、4年も育児休暇をとっているへっぽこです。 夫も私も共に30代前半。体の衰えを感じています。 家族の笑顔が見たくて、自分の感情を必死にコントロールしています! もっと詳しく知りたい方はコチラから!
こんな記事もおすすめ