ママと子どもの病気

子どもが爪を噛む癖を治す方法!苦いマニキュアを塗るより効果的なコト

こんにちは。まつりです。
この記事では、わが家でとっても効果があった爪噛みをやめさせる方法を紹介します。

うちの上の子はむ。4歳。
下の子が生まれてから爪を噛むようになってしまいました。

1年くらい爪噛みが続き、その間は一度も爪を切っていませんでした。
切る爪がないくらい短くてボロボロだったんです。
そんなはむが爪噛みを急にやめられたんです。

なぜ爪を噛んでしまうのか

爪噛みは単純な癖…だからやめられない

はむ
はむ
はむちゃんの爪変なのよ。ママみたいに長い爪になりたいのに。

わが子はむの場合は、本人も気にしている様子だったのですが、癖づいてしまってなかなかやめられませんでした。
何ごとも一度癖になってしまうと、大人でも治すのは難しいですよね。

「爪噛みはダメだ」と注意すると悪化する

「爪を噛むと病気になってしまうんだよ。」
「爪を噛みすぎると指がなくなるよ。」

こんな風に夫がはむに注意をしていました。

はむ本人も、病気になったり指がなくなったりするのがイヤだったらしく、

はむ
はむ
分かった。もう噛まないよ。

…とその場では言うし、やめようと思っている様子ではありましたが、そんな日に限っていつも以上に爪を噛んでいました。

「ダメだ」って言われると、その行動を想像してしまって余計にやってしまう…そんな感じでした。

子どもの爪噛みを治すための方法

本人も気にしているし、私自身も爪噛みが気になっていたのでどうにかしてあげられないかと思って色んな事をしました。
試した方法の中で効果があったやりものを順に3つ紹介します。

「爪を噛んでも良い」と伝える

まつり
まつり
はむ。爪、噛んでも良いよ。

「爪を噛んでも良い」と伝える、これが一番効果がありました。

はむ自身、「爪は噛んじゃいけない。」と強く思っていて、噛んでしまってボロボロの爪を見るたびに悲しそうにしていました。

まつり
まつり
はむは、どうして爪を噛んじゃうんだろうね。

はむ
はむ
爪さんが噛んで噛んでって言うんだよね。

まつり
まつり
そっか。どうして噛んでって言うんだろ。

はむ
はむ
ママがさち(下の子)と2人でいるでしょ。そしたらはむちゃん寂しくて。だから爪さんが可哀そうになって噛んじゃうんだ。

こんなやりとりをしたことがあります。
伝えてくることは意味不明なのですが、気持ちの根っこの部分では「さみしい」んだろうなってことが伝わってきました。

はむは、いつ爪を噛んでいるかを考えました。
すると、私が下の子さちを寝かしつけている時に、隣で爪を噛んでいることに気がつきました。

はむだって、トントンして優しい声で話しかけられたいよね。

それに気づいてすぐ、私ははむに伝えました。

まつり
まつり
はむ。爪、噛んでも良いよ。
でもね、爪を噛んで寂しいの忘れようとしたりしなくていいよ。「さみしい」って言って良いよ。

これを伝えた日から、夜の爪噛みはなくなりました。
爪を噛まなくなった代わりに、「ママ、さみしい。」と伝えてくるようになりました。

はむ
はむ
お姉ちゃんだからさみしいのはダメだと思ってたよ。

こんな風に思っていたようです。

なので、はむが「さみしい」と伝えてきたら、必ず手を握ることにしました。
はむの寂しい気持ちも紛らわされるし、手を口に持っていくこともなくなると思って。

夜の爪噛みは、これで一切しなくなりました。

子どもの爪に苦いマニキュア(かむピタ)を塗る

夜の爪噛みはなくなっても、テレビを見ているときなど、何気ない時に爪を噛む癖はなかなか治りませんでした。

そこで試したのがこれ。

外観はこんな感じでオレンジ色の可愛いマニキュア。
かむピタ外観

大人の爪に塗るとこんな感じ。
かむピタを大人の爪に塗った感じ

子どもの爪に塗るとこんな感じ。
かむピタを子どもの手に塗った

保育園ではむがお友達に爪を見せたところ、「なにもぬってないじゃん!」と言われたそうです。笑
先生も言われても分からないようだったので、園生活にも支障はなさそうでした。

私も自分の爪に塗って舐めてみたのですが、結構苦いです。
塗ったのを忘れて指でつまんでお菓子を食べたのですが、うわ苦ッ!ってなるくらいには苦かったです。

はむ本人にも舐めさせたのですが、強がりなのか本当なのか分かりませんが、そんなに苦くないらしいです。

でも、爪を口に運んだ時に味がするようで、「あっ、今爪噛もうとしちゃった。」と自分で気づいてやめている風でした。

ネイルアートをしてあげる

かむピタを塗ってあげていると、

はむ
はむ
はむちゃん、もっと可愛いのやりたいのよ!

というので、足にだけこっそり塗りました。
(足の爪も噛んでボロボロでした)

可愛いマニキュアを塗った

プリキュアのネイルシールを自分で貼ってご満悦。
ラメ入りのネイルで色は付いていないのであまり目立ちません。

保育園に通っているので、手には休日だけ。

プリキュアのネイルシールを貼るために、短い爪を伸ばすんだ!と頑張っています。

爪やすりで丁寧にはむの爪を整えてあげることで、このまま綺麗にしておきたい!と思うらしく、あまり爪を噛まなくなりました。
私にじっくり自分の爪を整えてもらえるのも、またいいのかもしれません。

さいごに

「爪を噛むのはストレスだ!愛情不足だ!」と私自身が思い悩んでいたこともありました。
それもあって、必要以上にはむに爪噛みをやめさせようとしていました。
これがまた、はむのストレスになっていたのかもしれません。

今回のことで、はむはストレスの発散方法を

『爪を噛む』 ⇒ 『「寂しい」と口にする』

に置き換えられるようになりました。
加えて、『さみしいと思っても良いし、口にしても良い』と感じることができました。

これは、私たち親子にとって大きな成長でした。

これから一緒に生活していく中で、小さい問題や、もーっと大きい問題がきっとでてくると思います。
そんなときがあっても、できる限り、広い視野を持って寄り添ってあげられる親になっていきたいと思いました。

ABOUT ME
まつり
まつり
4歳と1歳の姉妹のママです。 北陸出身、関東在住。システムエンジニアをやっていますが、4年も育児休暇をとっているへっぽこです。 夫も私も共に30代前半。体の衰えを感じています。 家族の笑顔が見たくて、自分の感情を必死にコントロールしています! もっと詳しく知りたい方はコチラから!
こんな記事もおすすめ