お金

家族全員の医療費合計が10万円を超えたら医療費控除をしよう!保育料や住民税が安くなるかも?

1年間に多くの医療費がかかったとき、確定申告をすれば払った税金の一部が返ってきます。この記事では、出産などで出費がかさむ家庭に向けて、医療費控除の仕組みや申請方法を書いています。

医療費控除ってどんな制度?

医療費控除とは、1年間に多くの医療費がかかったとき、確定申告をすることで払った税金の一部が戻ってくる制度です。
出産で出費がかさんだ年は、手続きをすれば、所得税として払っていたお金の一部が戻ってくる可能性があります!

どんな場合にお金が戻ってくるの?

家族全員で1年間(1/1~12/31)に支払った医療費の合計が10万円(所得が200万円未満なら所得の5%)を超えた場合に戻ってきます。

医療費控除で税金が戻るかどうか確認してみましょう!

医療費控除で税金もどるかチェック
申告するのは、原則として2月16日~3月15日頃。
申告は、所得税を払っている人であればパパでもママでもどちらか一方が行えます。
わが家の場合は、夫の方が所得が高いので、夫が申告しました。

まつり
まつり
確定申告の義務がない、年末調整を受けた会社員やパートの人であれば、3月15日という期日にこだわらなくて大丈夫。
5年間の猶予があるのでその間に還付申告しましょう。

いつ・どこで・どんな手続きをすればいいの?

自営業や自由業の人が収入を申告する確定申告が、税務署で2月半ばから始まります。
税務署は、確定申告の締め切り(3月中旬)が近づくほど混雑します。
医療費の還付申告をするだけなら1年中受け付けているので、年末調整を受けた会社員やパートの人であれば、税務署が混む前の1月中がおすすめです。

まつり
まつり
医療費控除の申告には領収書が必要なので、捨てずに保管しておきましょう!
バスや電車代はメモでもOKです。

いくらもどってくるの?

以下の『還付金計算式』で計算された金額が戻ってきます。

還付金計算式

※『保険金などで補てんされる金額』とは、健康保険組合や共済組合などから医療費を援助するために法的に支給されたもの(高額療養費や出産育児一時金、配偶者出産育児一時金など)です。また、生命保険や損害保険などからでる保険金も含まれます。

まつり
まつり
傷病手当金や出産手当金は『保険金などで補てんされる金額』に含まれません。
『医療費の支出を援助するのか』『給与の一部を援助するのか』が判断のポイントですね!

上の式にある『所得税率』は平成31年1月9日現在以下の通りです。

所得税率
まつり
まつり
課税所得とは、『源泉徴収票の給与所得控除後の金額』から『所得控除の合計額(社会保険料控除や生命保険料控除、扶養控除等)』を差し引いた金額のことです。
私はこちらのサイト(課税所得って何?誰でもわかるように解説)で少し詳しくなれました。

たとえば、医療費の合計が60万円で、課税所得金額が195万円を超え330万円以下なら次のようになります。
医療費60万-出産育児一時金42万-足きり額10万=医療費控除額8万
医療費控除額8万×所得税率10%=戻ってくる額8000円

さいごに

医療費を60万円払っても戻ってくるのは8000円…。少ないな…。
そう感じましたよね。
ですが、医療費控除を申告すると、住民税の課税所得額が低くなるので、次の年度の住民税額や所得に応じて決まる保育料が下がる可能性もでてきます。
なので、手間はかかりますが、申告する価値はあると思います!

ABOUT ME
まつり
まつり
年中さんと2歳の姉妹のママです。 育児休暇中のシステムエンジニアです。 詳細なプロフィールはコチラから! 妊娠出産育児に関わる『もらえる・戻る』お金についてのサイトも運営しています⇒『こどマネ』
こんな記事もおすすめ