お金

【ママのタイプ別】妊娠出産育児でもらえる金額は人によって違う!自分が利用できる制度を把握しよう!

この記事では、ママのタイプ別(勤務中のママ、妊娠を期に退職したママ、専業主婦のママ、自営業のママ)に、妊娠出産育児で利用できる制度をお伝えします。
自分がどの制度を利用できるのかを確認しましょう!

自分が利用できる制度を把握しよう!

ママのタイプ別もらえるお金

ママのタイプ別もらえるお金

産後も仕事を継続するママ

現在働いていて、産後も仕事を継続するママ(勤務先の健康保険に加入している)が利用できる制度は主に次の9つです。
詳細についてはそれぞれのリンク先を確認してください。

  1. 妊婦健診費用
  2. 出産育児一時金
  3. 出産手当金
  4. 育児休業給付金
  5. 高額療養費
  6. 傷病手当金
  7. 医療費控除
  8. 乳幼児医療費助成
  9. 児童手当
あわせて読みたい
【仕事を続けるママ】妊娠出産手続きスケジュールこの記事は、現在働いていて、産後も仕事を継続するママ(勤務先の健康保険に加入している)に向けて、主な手続きのタイミングや簡単な流れを紹介...

出産前に退職するママ

妊娠中・出産前に退職するママ(退職後はパパの勤務先の健康保険の被扶養者、または国民健康保険に加入する)が利用できる制度は主に次の9つです。(出産手当金と傷病手当金は条件付き)
詳細についてはそれぞれのリンク先を確認してください。

  1. 妊婦健診費用
  2. 出産育児一時金
  3. △出産手当金
  4. 失業給付の受給期間延長
  5. 高額療養費
  6. △傷病手当金
  7. 医療費控除
  8. 乳幼児医療費助成
  9. 児童手当

産休中に退職したママが出産手当金をもらえる条件

退職するつもりはなかったのに色々な事情で辞めざるをえなくなったママもいますよね…。
そんな場合でも出産手当金をもらえる場合があります。
それは、『被保険者期間が1年以上あり、産休中もしくは出産後に退職する』場合です。

産休中に退職しなければならなくなった場合は、受給の権利が発生するので、出産手当金がもらえるかもしれません。職場に相談してみましょう。

産休中に退職したママが傷病手当金をもらえる条件

以下の2つの条件を満たせば、退職後も傷病手当金をもらえます。

(1)被保険者資格喪失の日の前日(退職日等)まで被保険者期間が継続して1年以上あること。
別の会社の健康保険期間がある場合は通算可能です。(ただし、任意継続被保険者、国民健康保険、共済組合の期間は通算できません。また、1日でも空白期間があれば“継続して1年”になりません。)

(2)資格喪失の前日(退職日等)に、傷病手当金をもらっているか、もらえる状態(入院中など)であること。
退職日に出勤すると「仕事ができる状態」とみなされてもらえなくなるので、注意が必要です。
退職した後で遡って申請することはできないので、在職中に勤務先もしくは加入している健康保険組合に確認してみてください。

あわせて読みたい
【出産前に退職するママ】妊娠出産手続きスケジュールこの記事は、出産前に退職するママに向けて、主な手続きのタイミングや簡単な流れを紹介しています。 表のチェック項目について、...

専業主婦・自営業のママ

専業主婦、自営・自由業のママ(パパの勤務先の健康保険の被扶養者、または国民健康保険に加入している)が利用できる制度は主に次の6つです。
詳細についてはそれぞれのリンク先を確認してください。

  1. 妊婦健診費用
  2. 出産育児一時金
  3. 高額療養費
  4. 医療費控除
  5. 乳幼児医療費助成
  6. 児童手当
あわせて読みたい
【専業主婦・自営業のママ】妊娠出産手続きスケジュールこの記事は、専業主婦・自営業のママに向けて、主な手続きのタイミングや簡単な流れを紹介しています。 表のチェック項目について...

その他の公的サポート制度

未熟児養育医療制度

特定の要件を満たす赤ちゃんの入院・治療費の全額または一部を自治体が負担してくれる制度です。
特定の要件とは、次の2つを満たす場合です。

  1. 出生体重が2000g以下の場合
  2. 生活力が特に薄弱で、医師がとくに入院養育を必要とみとめた場合

未熟児として出産するケースを想定して、このような制度があることをあらかじめ知っておきましょう。

児童扶養手当

離婚、未婚で出産、パパやママが死亡か重度障害(身体障害者手帳1・2級)がある、または、パパやママが行方不明で1年以上仕送りや連絡がこないなどの場合、18歳以下の子どものママやパパ、祖父母などの養育者がもらえます。

児童育成手当

18歳未満の児童の母子(父子)家庭または児童を扶養している人をサポートする制度です。
養育している祖父母や、婚外子の扶養者なども対象になります。
ただし、この制度は一部の自治体のみで行われているもので、もらえる金額やサポート内容も自治体によって異なります。
住んでいる役所の窓口で相談してみましょう。

さいごに

上記の制度の他にも、各自治体独自の制度があるかもしれません。
妊娠前に必ず確認しておきましょう!

ABOUT ME
まつり
まつり
年中さんと2歳の姉妹のママです。 育児休暇中のシステムエンジニアです。 詳細なプロフィールはコチラから! 妊娠出産育児に関わる『もらえる・戻る』お金についてのサイトも運営しています⇒『こどマネ』
こんな記事もおすすめ