お金

住む地域によって違う『妊婦健診費の助成』償還払いできることもあるので要チェック!

この記事は健診費の一部または全額を補助してくれる『妊婦健診費の助成』について説明した記事です。
妊婦健診費の助成について、自治体の窓口で確認しておきたいことを最後にまとめているので活用いただけると幸いです。

『妊婦健診費の助成』ってどんな制度なの?

妊娠期間を健康に過ごすために、妊娠初期から出産まで14回程度の妊婦健診を受ける必要があります。
妊娠・出産にかかる費用は、経過が順調な場合健康保険が使えないので、検査が多い時は1回1万円を超える場合もあります。
そんな家計への負担を減らすための制度、それが『妊婦健診費の助成』です。

基本的には14回分のなんらかの助成を行う自治体がほとんどですが、制度内容は自治体によってさまざま。
母子手帳が交付された際に、『妊婦健診費の助成』についても窓口で確認しましょう。

どんな人がもらえるの?

各市区町村に住民票がある妊婦が対象です。
原則として、住民票がある市区町村に住所がある医療機関で健診を受けた場合に助成されます。

どうやって申請するの?

妊娠届を提出して母子手帳をもらうとき、一緒に助成券をもらえる場合がほとんどです。
健診を受ける際にその助成券を提出すると窓口での支払いが減額される場合が多いようです。
妊娠初期は4週間に1回、妊娠中期は2週間に1回、妊娠後期に入ると1週間に1回となり、14回以上の妊婦健診を受ける場合が多いので、後半は全額自己負担となる場合もあります。

なかには、窓口で一旦全額を支払い、手続き後に助成分が戻ってくる場合や、「健診受診券」と呼ばれるものが渡されて、助成の対象となる検査だけ差額を窓口で支払う場合もあるようです。

里帰り出産しても補助券は使える?

原則として、助成されるのは住民票がある市区町村に住所がある医療機関で健診を受けた場合です。
ですが、自治体によっては別の自治体の医療機関で健診を受けた場合に自己負担額が後日返金される場合があります。(償還払い)

まつり
まつり
私は里帰り出産したのですが、償還払いを受けることができました。

里帰り前に、住んでいる自治体の対応を確認しておきましょう。

引っ越した時はどうする?

転入先の助成内容に振り返るのが一般的です。
未使用の受診券は引っ越し前に返却し、引っ越し先で新しく発行してもらう、または引っ越し先で補助券を交換してもらう、などの手続きが必要です。

引っ越し先と現在住んでいる自治体にも必ず確認しましょう。

窓口で確認しておきたいことまとめ

ここまでで、自分が住んでいる自治体の窓口で確認しておきたいことをいくつか紹介しました。
ここでは、窓口で確認しやすいように、これまで紹介したことをすべてまとめました。
ぜひ活用してください。

  1. 『妊婦健診費の助成』はどうやったら受けられるのか
  2. 別の自治体で妊婦健診を受けた場合、償還払いは受けられるのか
  3. (妊娠中に引っ越す場合の手続きはどうしたら良いのか)
まつり
まつり
「ぜひ活用してください」という割には確認することが少ない…笑

さいごに

私が住んでいる市では、母子健康手帳と一緒に補助券の冊子が渡されます。
そして、健診の時には週数に応じて決められた補助券を使いました。

健診回数を減らすために、「妊娠したかも…?」と思っても心拍が確認できる週数(10週くらい)まで初回の診察を受けに行かないママもなかにはいました。笑
余った補助券を換金できる自治体があると噂に聞いたことはありますが、私の住んでいる自治体では換金はできず、破棄でした。
予定日を超えると検診回数も増えますが、安全なお産のためにも健診には必ずいきましょう。

妊婦健診費用は検査内容によってまちまちですが、初回は検査項目が多いので助成券などは忘れず持参してくださいね!

ABOUT ME
まつり
まつり
年中さんと2歳の姉妹のママです。 育児休暇中のシステムエンジニアです。 詳細なプロフィールはコチラから! 妊娠出産育児に関わる『もらえる・戻る』お金についてのサイトも運営しています⇒『こどマネ』
こんな記事もおすすめ