お金

乳幼児医療費助成制度(子ども医療費助成)の申請方法は?県外でも使える?

この記事では、乳幼児医療費助成制度(子ども医療費助成)のしくみや、手続きの流れ、自分の自治体に事前に確認するポイントを紹介しています。

乳幼児医療費助成制度(子ども医療費助成)ってどんな制度?

乳幼児医療費助成制度(子ども医療費助成)とは、子どもが病気や怪我などにより受診した場合の医療費の一部または全額を自治体が助成してくれる制度です。
助成の方法や対象期間は自治体によってさまざまです。

私の住んでいる自治体の場合は、健康保険証と乳幼児医療証(名前も各自治体で異なる)を提示すればその場で助成を受けられます。
窓口でいったん全額を払って、後日領収書とともに申請書を市区町村の役所に提出して返還してもらう…といった自治体もあるようです。
助成が受けられる子どもの年齢も、自治体によって異なります。

いくら助成してもらえるの?

かかった医療費の全額または一部を助成してもらえます。

まつり
まつり
助成額も自治体によって大きく異なります。
私の住んでいる自治体は診療1回につき300円ですが、隣の市は無料です。

他の自治体の医療機関にかかったとき、助成は一切認めない自治体もあれば、後日、申請することで返還してくれるところもあります。

まつり
まつり
私の住んでいる自治体は後日申請することで助成相当分を返還してくれます。(領収書が必要)
帰省時に医療機関を受診した場合など、何度かお世話になっています。

どんな人がもらえるの?

国民健康保険や、会社の健康保険など、いずれかの健康保険に入っていることが条件です。

どうやって手続きするの?

助成内容・申請方法を確認する

出産前(余裕のあるうち)に、自分が住んでいる自治体の助成内容や申請方法を確認しておきましょう。

子どもの健康保険の手続きをする

子どもが生まれたら、子どもの健康保険の手続きをしましょう。
健康保険(社会保険)に加入している場合は、勤務先の担当窓口や保険者(協会けんぽや健康保険組合)で手続きをします。
国民健康保険に加入している場合は、役所で手続きをします。(出生届を出す時期と一緒でOK)

子どもの健康保険証が届く

しばらくすると、子どもの健康保険証が届きます。
手続きするときにいつ頃届くか聞いておくといいですね。

役所に申請する

健康保険証を持参して、役所へ行きましょう。
健康保険証が届いていない場合でも、後日コピーを郵送することで受け付けてくれる場合もあります。

乳幼児医療証が届く

しばらくすると、乳幼児医療証が届きます。
これを医療機関の窓口に提示すれば、医療費が助成されます。(自治体によって助成のされかたはさまざま)

事前に確認しておくこと

まつり
まつり
ここまでで、「自分の住んでいる自治体に確認しましょう」と何度も書いたので、質問しやすいようにまとめました。
  1. 助成額はいくらか。全額?一部ならいくら?
  2. 対象期間は?何歳から何歳まで助成される?
  3. 助成方法は?窓口で乳幼児医療証を提示?後日返還?
  4. 健康保険証が届く前でも手続きできる?
  5. 別の自治体の医療機関で診察を受けた場合でも助成される?

とりあえず、これだけ聞いておけば心配ないと思います!
他にも気になることがあれば忘れずに!

さいごに

うちの子は2人もしょっちゅう熱だー、鼻水だー、蕁麻疹だーと病院ばかり行っています。
お金の心配をせずに受診できるのってとても心強いです。(欲を言えばうちの自治体も全額助成してほしい。)
産後はかかりつけ医をみつけるのも一苦労だと思います。
先輩ママさんをみつけて聞いてみたり、口コミサイトをみてみたり、病気になる前、予防接種前(生後2ヶ月からはじまります!!)にしておくといいですね!

ABOUT ME
まつり
まつり
年中さんと2歳の姉妹のママです。 育児休暇中のシステムエンジニアです。 詳細なプロフィールはコチラから! 妊娠出産育児に関わる『もらえる・戻る』お金についてのサイトも運営しています⇒『こどマネ』
こんな記事もおすすめ