お金

【専業主婦・自営業のママ】妊娠出産手続きスケジュール

この記事は、専業主婦・自営業のママに向けて、主な手続きのタイミングや簡単な流れを紹介しています。

専業主婦・自営業のママ手続きスケジュール

表のチェック項目について、簡単に説明します。

必要な届け出の流れ

市区町村役所や保健所に妊娠したことを伝えて、母子手帳をもらいましょう。
母子手帳と一緒に、妊婦健診券や予防接種券がもらえます。(各自治体で要確認)
赤ちゃんの心拍が確認できてから行くのが一般的なようです。

出生届の用紙を用意

出生届の用紙は、通常以下の場所でもらうことができます。
(1)各市区町村の役所
(2)出産した産院
(3)各市区町村のHP(ダウンロードする)
出生届の用紙は、出生証明書と一体となっていて、左半分の出生届部分は、両親が記載し、右半分の出生証明書部分は、出産に立ち会った医師や助産師に記入してもらいます。
産院によっては、出生証明書を記載した用紙を用意してくれるので、自分たちで事前に用意すべきか確認しておきましょう。

出生届の提出準備

出生届の用紙の出生証明欄に、お産を介助した医師や助産師に必要事項を記入してもらいましょう。
また、母子健康手帳にも必要事項を記入してもらいます。

出生届提出

子どもの名前を決めて、誕生日を含めて14日以内(土日祝日含む)に市区町村役所へ届けましょう。

まつり
まつり
産後の体はボロボロなので、できればパパや親など誰か頼れる人にお願いしましょう…!

子どもの健康保険への加入手続き

国民健康保険に入れる場合は、出生届を提出しに行った役所で一緒に手続きを済ませましょう。
パパの勤務先の健康保険の扶養に入れる場合は、勤務先で手続きしてもらいましょう。

出産育児一時金の流れ

支給先を確認

パパの健康保険の被扶養者になっている場合、申請先はパパの健康保険です。
国民健康保険に入っている場合、申請先は入った国民健康保険です。

直接支払の合意文書を産院と取り交わす

分娩予約から出産後退院するまでに「直接支払制度」に関する説明を産院から受けて、合意文書を取り交わします。(私の場合はサインするだけでした。)
※直接支払を希望しない場合は手続きが異なるので注意

健康保険証を提示

私の場合、入院中に健康保険証を見せるよう言われました。
入院時には健康保険証を持参しましょう。

退院時に清算

分娩・入院費が42万円を超えた場合は超過分を窓口で支払います。
42万円より安かった場合は、後日健康保険から差額がもらえます。

※直接支払を希望しない場合(産後申請の場合)はいったん産院に全額支払います。
産後、申請用紙に必要なことを書いて、分娩・入院費の領収書とともに、決められた申請先に提出すると、2週間~2ヶ月ほどで指定先にお金が振り込まれます。

あわせて読みたい
出産育児一時金の直接支払制度って何?差額はどう請求するの?この記事は、出産育児一時金について事前に知っておきたいことをまとめたものです。 出産育児一時金って何?いくらもらえるの? 出...

高額療養費の流れ

限度額認定証の申請(任意)

帝王切開などの入院に限らず、外来診療でも医療費が高額になりそうな場合は事前に加入先の健康保険に「限度額適用認定証」の申請をして、認定証をもらっておきましょう。
認定証を提示しておくと、支払時に自己負担限度額を超えた分は請求されません。

限度額認定証を使わなかった場合は高額療養費の支給申請をする

事前手続きを行わなかった場合に医療費が高額になった場合は、高額療養費の支給を申請します。

いつもらえる?

(限度額認定証を使わなかった場合)申請から約2~3ヶ月後に、支払った金額から自己負担限度額を際し引いた分がもらえます。

まつり
まつり
産院がクレジットカード清算可能な場合は、限度額認定証を使わずに清算して、あとから高額療養費の支給を申請したほうが、クレジットカードのポイントももらえてお得だよなぁ…なんて…。
あわせて読みたい
出産前に高額療養費制度を事前申請して限度額適用認定証をもらおう!高額療養費制度ってなに? 高額療養費制度は、1ヶ月の医療費が定められた「自己負担額」を超えたら健康保険から超過分を払い戻される制度です...

医療費控除の流れ

1~12月に医療費の領収書を保管しておく

医療費(妊婦健診代・分娩入院費を含む)の領収書を捨てずに保管しておきましょう。

翌年1月頃、確定申告書を記入して税務署に提出

パパの健康保険の被扶養者になっている場合、年末にパパが勤務先から源泉徴収票をもらいます。
翌年1月頃に確定申告書を記入し、源泉徴収票と一緒に税務署へ提出します。
国民健康保険に入っている場合、年末ごろいつも通りに確定申告の準備をし、翌年2月16日~3月15日ごろに税務署で確定申告をしましょう。

いつもらえる?

提出から1~2ヶ月後に払いすぎた税金が戻ることがあります。

あわせて読みたい
家族全員の医療費合計が10万円を超えたら医療費控除をしよう!保育料や住民税が安くなるかも?1年間に多くの医療費がかかったとき、確定申告をすれば払った税金の一部が返ってきます。この記事では、出産などで出費がかさむ家庭に向けて、医...

乳幼児医療費助成の流れ

各市区町村の制度内容や手続き方法を確認しておく

各市区町村によって制度内容は様々です。
妊娠中に、自分が住んでいる地域の乳幼児医療費助成の制度内容や、手続き方法について確認しておきましょう。

子どもの健康保険加入後に申請する

子どもの健康保険の加入手続きからしばらくすると、健康保険証が届きます。
健康保険証が届いたら、健康保険証を持って役所で乳幼児医療費助成の手続きをしましょう。
健康保険証が届かない場合、後日コピーを郵送することで手続きができる自治体もあります。

手続きのあとしばらくすると、乳幼児医療証が届きます。
これを医療機関に提示すれば、各市区町村の制度内容に沿って助成が受けられます。

あわせて読みたい
乳幼児医療費助成制度(子ども医療費助成)の申請方法は?県外でも使える?この記事では、乳幼児医療費助成制度(子ども医療費助成)のしくみや、手続きの流れ、自分の自治体に事前に確認するポイントを紹介しています。 ...

児童手当の流れ

出生届提出後に役所で申請する

公務員の人は職場で手続きをします。
なるべく赤ちゃんの誕生月内に手続きをしましょう。

いつもらえる?

申請後の2月、6月、10月にもらえます。
毎年5月頃に児童手当現況届を提出します。

さいごに

自分に必要な手続きの全体スケジュールが何となく把握できたでしょうか。
それぞれの詳しい内容については各制度の記事をみてみてくださいね!

ABOUT ME
まつり
まつり
年中さんと2歳の姉妹のママです。 育児休暇中のシステムエンジニアです。 詳細なプロフィールはコチラから! 妊娠出産育児に関わる『もらえる・戻る』お金についてのサイトも運営しています⇒『こどマネ』
こんな記事もおすすめ