お金

出産手当金はいつから?期間は?いくら?被扶養者やパートの場合は?退職してももらえる?

この記事は出産手当金はいつから支給されるか、支給期間はどれくらいか、被扶養者やパートの場合ももらえるのか、退職してももらえるのか、などについて書いています。

出産手当金とはどんな制度?

出産手当金は、出産後も仕事を続ける予定の方のために支給されるお金です。
出産を挟んで、産前42日(多胎妊娠の場合は98日)、産後56日の休みを出産休業(産休)と言います。
産休中は給料が出ない会社がほとんどなので、その間の収入を援助するために健康保険から支給されます。

どんな人がもらえるの?

以下を全て満たす人がもらえます。

  1. 会社員または公務員である
  2. 勤務先の健康保険に加入している
  3. 産休中も保険料の支払いを継続している
  4. 産休中の給料が3分の2未満である

専業主婦やパート、自営業でも出産手当金はもらえるの?

専業主婦、自営業・自由業、パート・アルバイトなど国民健康保険加入の人はもらえません。
また、会社員の場合でも、加入している健康保険が国民健康保険の場合はもらえません。

まつり
まつり
もし、会社から日給の3分の1の給料がもらえる場合は、3分の2との差額(3分の1)×日数分が出産手当金としてもらえます。

契約社員でも出産手当金はもらえるの?

出産手当金は、勤務先の健康保険に加入していてその保険料を支払っていること。
この条件を満たしていて、産休をとっていれば、契約社員でも出産手当金をもらえます。

仕事を辞めても出産手当金はもらえるの?

仕事を辞めるつもりはなかったとしても、色んな事情で辞めざるを得ない方も少なくないと思います。
そんな方でも出産手当金をもらえる場合があります。
それは、被保険者期間が1年以上あり、『産休中、もしくは出産後に退職する』場合です。
産休中に退職せざるを得なくなった場合は出産手当金を受給する権利が発生しているので、給付の対象になる可能性があります。

まつり
まつり
トラブルを避けるためにも、職場とはよく相談しましょう。

出産手当金はいくらもらえるの?

出産手当金は勤務時の月給の約3分の2が1~2ヶ月後にもらえます。

出産手当金の計算方法

月給÷30=日給(標準報酬日額)
日給×3分の2×産休した日数=もらえる額

※月給は、基本給に各種手当や残業代なども含みます。
毎年4~6月の平均給与額を月給としています。

産休の日数の数え方は
産前42日+産後56日=98日(多胎妊娠の場合、産前は98日)

たとえば月給20万円の人は…
20万÷30≒6670
6670×2/3×98日≒43万5800円
※あくまで目安です

まつり
まつり
出産日当日は産前として数えます。

出産手当金はどうすればもらえるの?

産休前に申請用紙をもらいます。
出産したら、病院や勤務先にも記入してもらって提出します。

産休に入る前に

勤務先または健康保険組合・協会けんぽ・共済組合で、出産手当金の申請用紙をもらいましょう。

出産後(入院中)に

赤ちゃんが生まれたら産院で必要事項を書いてもらいましょう。
※文書料として数千円かかる場合もあります

産後57日以内に

担当医に書いてもらった申請書を、勤務先の健保担当者に渡します。
勤務先が書く欄に書いてもらったら、健保担当者または協会けんぽ・共済組合窓口に提出します。

1~2ヶ月後に指定した口座に出産手当金が振り込まれます!

出産手当金と傷病手当金は一緒にもらえるの?

出産手当金と傷病手当金は、どちらも働けない間の給料を援助するものなので、一緒に受けることはできません。

出産手当金をもらっている間に病気などで働けない状態になったときは、出産手当金の支給が終わった後に傷病手当金を受けることができます。

傷病手当金をもらっている間に出産手当金を受けられるようになったときは、傷病手当金の支給は一旦停止され、出産手当金の支給が終わった後に再度傷病手当金が支給されます。
ただし、傷病手当金の額が出産手当金の額よりも多い場合は、その差額が支給されます。

さいごに

出産手当金は、出産日が変わると貰える額も変わります。
出産予定日より出産が早まると、その日数分が産前の42日から引かれ、出産手当金も満額より減ります。
出産予定日より出産が遅れると、その日数分が産前の42日に足され、出産手当金も満額より増えます。

出産手当金の申請用紙を入院時に持参できれば、その場で必要事項を記入してもらえるので忘れず持っていきたいですね。

ABOUT ME
まつり
まつり
年中さんと2歳の姉妹のママです。 育児休暇中のシステムエンジニアです。 詳細なプロフィールはコチラから! 妊娠出産育児に関わる『もらえる・戻る』お金についてのサイトも運営しています⇒『こどマネ』
こんな記事もおすすめ