お金

3歳未満児を育てるパパママ必見!給料が下がっても将来貰える年金額が減らなくなる制度『養育期間の従前標準報酬月額のみなし措置』

この記事は、産後の職場復帰後、時短勤務をしたため給料が減った→支払う厚生年金保険料も減った→将来貰える保険料も減る…といった方に向けて、将来もらえる保険料が減らないようにする『養育期間の従前標準報酬月額のみなし措置』について説明しています。

まつり
まつり
給料が減った理由はなんでも良いんです!なので、3歳未満児を育てるパパママはちょっと読んでみてください!

養育期間の従前標準報酬月額のみなし措置って何?

『養育期間の従前標準報酬月額のみなし措置』とは、「3歳までの子を持つ従業員の場合、給与が下がっても、保険料は安くなるけど将来の年金額は減らしません!」というお得な制度です。

たとえば、育児休暇明けの場合を考えてみましょう。
保育園へのお迎えのために時短勤務が必要になったり、残業ができなくなったりして給料が下がることが多いと思います。
給料が下がることに応じて、健康保険料や厚生年金保険料といった社会保険料も下がるのですが、その分将来もらえる年金も減ってしまいます。

まつり
まつり
給料が下がると、『標準報酬月額(社会保険料算出の基準となる給料)』も下がる場合がほとんど。
厚生年金保険料もこの『標準報酬月額』をもとに算出されるので、給料が下がると払うべき厚生年金保険料も減るんです。
そしてもらえる年金も減る…。
『標準報酬月額』については別記事で詳しく説明したいと思うので、ここでは「給料がさがったら、将来もらえる年金も減る!」くらいの理解で大丈夫です。

将来自分たちの年金を支えてくれる子どもを育てながら頑張って働いているのに、将来もらえる年金が減るなんてつらい!
…そんな苦しみを解消すべく、「3歳までの子を持つ従業員の場合、給与が下がっても、保険料は安くなるけど将来の年金額は減らしませよ。」としてくれるのが、『養育期間の従前標準報酬月額のみなし措置』なんです。

ただし、この制度…自分で申請しておかないと適用されないんです。
私は上の子のときに申請するのを忘れていました。というか知りませんでした。悔しい。
2年間さかのぼって申請できるらしいので、忘れていた方はどうかお早めに…。

どんな人がどれくらいの期間対象になるの?

日本年金機構のサイトを見ると、次のように書いてあります。

3歳未満の子を養育する被保険者または被保険者であった者で、養育期間中の各月の標準報酬月額が、養育開始月の前月の標準報酬月額を下回る場合

つまり、次の3つが条件になります。

  1. 3歳未満の子どもを育てている
  2. 厚生年金の被保険者である
  3. 給料(標準報酬月額)が下がった

また、対象となる期間は、「3歳未満の子の養育開始月から3歳到達日の翌日の月の前月まで等」と書かれています。

どうやって申請するの?

必要なもの

1.戸籍謄(抄)本または戸籍記載事項証明書
(申出者と子の身分関係および子の生年月日を証明できるもの)
 
2.住民票(コピー不可・個人番号の記載がないもの)
 ※申出者と子が同居していることを確認できるもの
 ※提出日から遡って90日以内に発行されたもの
 ※養育特例の要件に該当した日に同居が確認できるもの(育児休業終了の場合は、育児休業終了年月日の翌日の属する月の初日以後に発行された住民票)

3.厚生年金保険養育期間標準報酬月額特例申出書・終了届
 こちらから入手できます。記入例もあるので安心です。
 >>>厚生年金保険養育期間標準報酬月額特例申出書・終了届

まず上の3つを用意し、勤務先に提出します。そのあと勤務先が書類を日本年金機構へ提出します。
また、退職後に提出する場合は、自ら日本年金機構へ提出します。
郵送か窓口持参で勤務先所在地を管轄する事務センター(勤務先の所在地を管轄する年金事務所)へ提出しましょう。

育児休業中はこの制度を受けられないので、復帰後に申請しましょう。
また、退職した方が新しい会社に入社したときは、そのタイミングで申請しましょう。

さいごに

この制度は、ママだけでなくパパも対象です。また、平成29年1月1日から養親・里親も対象になりました。
業績悪化によって給料が下がった場合や、転居等で通勤手当が下がった場合など、育児と関係ない理由でも大丈夫なので、一度確認してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい
妊娠・出産にかかるお金を必ずもらう・取り戻すための心得!知っておきたい基本この記事は、妊娠・出産にかかるお金を『必ずもらう・取り返す』ために知っておきたい基本ポイントや、事前準備について書いています。 「...
ABOUT ME
まつり
まつり
年中さんと2歳の姉妹のママです。 育児休暇中のシステムエンジニアです。 詳細なプロフィールはコチラから! 妊娠出産育児に関わる『もらえる・戻る』お金についてのサイトも運営しています⇒『こどマネ』
こんな記事もおすすめ